様々なプレッシャーに襲われた次男の中学受験

長男は、将来的な目標を見据えて、自らが中学受験のための勉強を積極的に行い、親である私達は、教材や勉強環境等、長男が要望するものを提供するというサポートしか行っていませんでしたが、難関中学校合格を成し遂げました。次男も長男に憧れ、中学受験する事を小学校4年生頃から宣言していました。しかし、小学校6年生に進級した時点での次男の成績は、長男ほど芳しくなく、前途多難でした。私達は、「中学受験が人生の全てではないのだから無理をする必要はない」という話を次男に言っていましたが、長男の壁を越えられない自分自身の無能さを嘆き、自暴自棄に陥る事が度々起きていました。次男に合う勉強方法を見つけるために、複数の塾への体験入校を行いましたが、次男は激しく人見知りし、馴染めず、見つけられずにいました。

近所に住む次男の幼馴染みの誘いで、同学年の児童達が中学受験合格を目指して共に学ぶ地域の進学塾に通い始めたことで、人懐っこく明るくマイペースな次男らしさを取り戻してくれました。受験に対する様々な悩みを抱える児童と接する事で、次男自身が抱えていた悩みが吹っ切れ、自分らしく生きる道を選択する事ができたようでした。今まで拭いきれなかったモヤモヤが消えた事で、今まで以上に勉強に専念・集中できるようになり、次男が第一志望としていた学校に合格できました。